So-net無料ブログ作成

マニュアル本に染まらない!成功した面接実話

マニュアル本に染まらない!成功した面接実話。
【スポンサーリンク】


↓↓↓

世の中には、たくさんの就活本があります。

そして、有名な本・みんなが見ている本も
ほぼ偏っています。

一昔前ですと「面接の●人」とかですね。

しかし、そこに書いていることをそのまま
面接で話してしまうと、やはり厳しいです。

なぜか。

面接官も本を読んでいるからです。

そこに書いてあった内容と同じ答えだった場合

「このひとはマニュアル通りの答えだな」

と判断されてしまいます。

大切なことは、

自分の言葉で伝えることです。

これ、抽象的ですごく難しく感じるかもしれませんが
そうでもないです。

ふだんから、言葉を使うことを沢山意識してください。

特に、言葉遊びなどを意識してみてください。

いうなれば、ダジャレ的な発想です。
こういったことがパっとできるようになると

試験官には受けがいいです。

なぜかというと、
マニュアルではない、いまこの場所で発生した言葉に
対応していることによって、その人が自分の言葉で
話している、という判断をするからです。

以下に、「言葉あそび」のおかげで就活に成功したAさんの
実際にあったお話をお伝えします。

↓↓↓つづきは後半で!

【スポンサーリンク】



↓↓↓ ここから本文

大学で考古学を専攻していたAさんは、
広告代理店に行きたかったのですが

考古学の現場で忙しく
気が付いたらエントリーの時期が過ぎていました。

それでもあきらめきれなかったAさん、
その会社へ直接向かいました。

受付で粘り勝ちしたAさんは
担当者さんに会えることに。

しぶしぶ顔ででてきた担当者さんは
Aさんにこのように言いました。

「君は、考古学やってたんでしょ?
 うちの広告代理店の業務とどんな関係があるのよ?」と。

Aさんは、普段から言葉遊びが好きでした。

担当者の言葉を聞いてAさんはこう言いました。

「こうこく」と「こうこがく」は字が似ているから、
関係がある、と。

それを聞いた担当者さん、顔からは笑みがこぼれました。

その後、彼はその会社で
コピーライターとして働いています。

自分の言葉を持っていたからこそ、
マニュアル本にはない受け答えができたからこそ
今の彼があるのです。

みなさんも自分の意見は
自分の言葉で言えるようにしましょうね。

間違いなんてないですから。
それが、すべてあなたの個性なのですから。


ーーーそのほかのオススメ就活参考記事ーーー

内定率がアップするたった一つの行動
http://bit.ly/Yn5zUY

OB訪問を有意義にする!8つのポイント
http://bit.ly/14e5Hot

履歴書を上手く書くための7つのポイント
http://bit.ly/16PobVj

履歴書を持参する際の4大チェックポイント
http://bit.ly/Zjgdwe

就活と恋愛の両立!上手くいく3つのルール
http://bit.ly/XPBXE8

【スポンサーリンク】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。